どの素材がいい?シール・ステッカー・ラベルをつくるなら・・・

【紙素材編】商品ラベル製作のコツは素材選びにあり!?
それぞれの特徴を理解してインパクトある商品ラベルを作ろう

商品に貼り付けることで、手軽に低コストでインパクトを加えられる商品ラベル。しかし、「どうやってつくると上手くいくのだろう」とお悩みの方も多いかと思います。そこで今回は、ポイントのひとつである「素材選び」に着目!中でも紙素材にフォーカスをあて、それぞれの特徴や用途をご紹介致します。

コート紙
広く一般的に利用されている商品ラベルの紙素材です。低コストで印刷できるのが魅力の他、ラミネートの有無や接着タイプを選べるのも嬉しい所です。
また、コート紙を使った商品ラベル製作で注目をしたいのが発色の良さです。イメージに近い色合いが再現できるので、はじめて商品ラベルを作成する方にもおすすめです。ラミネートを使用することで、ラベルの保護に役立つだけではなく色を鮮明に見せることもできます。
上質紙
きめ細やかな表面が特徴の上質紙です。用途は幅広く、商品ラベル以外にも業務用・食品用ラベルや荷札、インデックス等にもよく利用されています。
また、上質紙はコピー用紙のような紙素材なので直接表面への書き込みが可能です。油性・水性問わず利用できる他、鉛筆もOK。商品ラベルに書き込みをするケースは稀ですが、用途に合う場合は是非検討してみてください。
クラフト紙
クラフト法でつくられたパルプを原料にしてつくられた紙素材です。強度を重視するために漂白工程をスキップしていることから、茶色がかった独特の色合いになります。ダンボールの材料として利用されるケースが多いです。
そして、素樸な見た目が魅力のクラフトは、ナチュラルな風合いを生かせるので商品の上質さをより際立たせてくれます。自然素材を生かしたコンセプトの食品用ラベルはもちろん、化粧品関連のアイテムにもマッチします。
ホイル紙(金)
紙素材でありながら、材質へアルミ加工を施しており、金属的なイメージを演出できるのが特徴です。なお、光沢をあえて抑えるツヤ消し加工により、落ち着いた雰囲気と高級感が生まれます。また、金色の質感は記念品用の商品ラベルや豪華な賞品・景品にぴったりです。ワンポイントとしてのインパクトも大きいので、商品デザインにひと工夫入れたい時などに活用できます。
ホイル紙(銀)
金色のホイル紙同様、原紙へアルミ加工を施し金属的に仕上げられている銀色のホイル紙。高級感はありながら爽やかさや清潔感もあり、金色とは違った上品なイメージを演出できます。そのため、洗剤や化粧品、食品などのラベルにも利用可能です。ロゴシールとしても多く活用されています。
商品にぴったりな紙素材商品ラベルでインパクトアップ!
今回は、アドプリントでご用意している紙素材を5つご紹介しました。それぞれで特徴が異なるので、アイデア次第でさまざまな用途にご利用いただけます。ぜひ参考いただき、素敵な商品ラベルを作成してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です