「コーヒー」だけじゃもったいない!入りたくなる喫茶店ののぼりとは

 

喫茶店ののぼりといえば?

「コーヒー」「カフェ」と書かれたのぼりを見ると、そこが喫茶店であるということがすぐに分かりますね。

レストランやラーメン屋など様々なお店がのぼりを出す中、「喫茶店がここにありますよ!」ということをアピールするには効果的なのぼりでしょう。

しかし、もっと多くのお客さんに来てもらうには、「コーヒー」以外ののぼりの方が効果的な場合もあります。

どんなのぼりがいいのか、いくつか例を紹介します。

入りたくなる喫茶店ののぼりの例

「サンドイッチ」の例

喫茶店では、基本的にどこでもコーヒーを販売しています。

もちろん自慢のメニューではあると思いますが、他の喫茶店と差別化するために、あえて「サンドイッチ」など別のメニューののぼりにすると、興味を持ってもらえる場合があります。

コーヒー以外で名物のメニューや意外性のあるメニューがあれば、それをのぼりでアピールすると良いでしょう。

例えば、「有機野菜を使ったサンドイッチも美味しい喫茶店」であれば、のぼりには「有機野菜」「サンドイッチ」という言葉を入れます。

そうすれば、コーヒーが目当てのお客さんだけじゃなく、「サンドイッチが気になるから入ってみよう」というお客さんも訪れます。

しかもそのお客さんは、もしかしたらサンドイッチのお供としてコーヒーを注文し、コーヒーの味を気に入ってくれるかもしれません。

このように、あえて別のメニューをアピールすることで、集客ができるだけでなく、リピーターが増える可能性もあります。

「ホットコーヒー」の例

特に看板メニューがなく、「コーヒー」ののぼりを出したいという場合でも工夫次第で集客アップが期待できます。

それは、「コーヒー」を「ホットコーヒー」に変えること。

寒い日に外を歩いている時、暖まりそうな「ホットコーヒー」ののぼりが出ていれば、つい店に入ってしまいたくなるものです。

同様に、夏であれば「アイスコーヒー」に変えるなど、同じメニューでも季節感がある方が、その時々の客のニーズを掴むことができます。

喫茶店の中でも、自分の店はどんな店なのかをアピールする

その店がどんな種類の店か分かるのぼりも大切ですが、その種類の中でもどんな特徴のある店か、ということをアピールすることが更に大切。

喫茶店の中でも自分の店はどんな店なのかを意識し、店のカラーを意識したのぼりにしたり、個性的な商品があればそれをのぼりでアピールしてみましょう。

 

もちろん、こだわりのコーヒーを推すのも良いですが、その場合は特に、こだわりの豆の種類や挽き方などもアピールできれば、外からでもこだわりのコーヒー店であることが分かり、集客につながります。

アドフラッグではデザインができない方のためにも、既製のぼりをご用意しております。今回ご紹介した「コーヒー」と「パン」の既製のぼりもご用意しています。

さらに既製のぼり旗をご購入いただくと、のぼりに無料で名入れサービスも行っております。

ぜひサイトでご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です