手間がかかるデザインが省略できる!封筒データ作成サービスの活用方法をご紹介

アドプリントは、低コストかつ豊富なテンプレートが選べる「封筒データ作成サービス」をスタートしました。価格を抑えたシンプルなものから、全面オリジナル封筒までを幅広くお引き受けしております。今回はアドプリントの封筒データ作成サービスの活用法を事例別にご紹介します。

その1「今使っている封筒と同じ物をすぐに作りたい」

会議や出張などで会社のロゴが入った封筒をすぐに調達しなければならないときの事例を見てみましょう。通常の場合は、データを用意してから入稿を行い印刷という流れになります。しかし、どうしても手元に現物しか用意できないという場合も少なくないでしょう。また、「以前に封筒を作ったが、そのときのデータをなくしてしまった……」という事例もあるかと思います。

このような急ぎの時でもご安心ください。アドプリントの封筒データ作成サービスによる「そっくり封筒」なら、現在お使いの封筒のデザインをそのまま印刷することが可能です。現物の写真若しくは、印字する内容が書かれた原稿(手書きでOK)をデータでお送りいただくだけで、お使い頂いている封筒と同じ物をお届けすることができます。

その2「魅力的なデザインの封筒を手軽につくりたい」

「せっかく封筒を作るのだったら、デザインもこだわりたい! でも、それを考えている暇がなくて……」。こんなお悩みをお持ちなら、アドプリントの封筒作成サービスをぜひご利用ください。

豊富なテンプレートの中から、お好みのデザインをお選びいただくだけで、魅力的なデザインの封筒ができあがります。もちろん、ロゴ入れなども可能。手間なく簡単に、御社だけのオリジナル封筒ができあがります。

上記のどちらのサービスも、お客様のご負担なく、さらに低コストでのご提供を行っております。封筒作成に関するお悩みをお持ちなら、ぜひアドプリントの封筒作成サービスをご検討ください。

【データ作成代行サービス!詳しくはこちらへ!】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です