「3C分析」で市場・競合・自店を分析し、より効果的なのぼりを作ろう

 集客に悩む経営者に「3C分析」が役に立つ?

 

「やっと念願のラーメン店を開いたはいいが、味はいいのにお客さんが増えない」

「集客のためにでかでかと”ラーメン”とのぼりを立てたのに、イマイチ効果が出ない」

 

上記はラーメン店の例ですが、ラーメン以外のお店を開いている方の中にも、こういった悩みを持っている方は多いと思います。

 

今回はそんな方へ向けて、「3C分析」というマーケティングの考え方をご紹介したいと思います。

一見難しそうですが、集客にものぼり作成にも役に立つ考え方ですので、身構えずにまずは一度目を通してみてください。

 

3C分析の考え方~ラーメン店編

 

 3Cは「市場」「競合」「自社」の略

 

3C分析の「3C」は、

 

・市場(Customer)

・競合(Competitor)

・自社(Company)

 

の頭文字を取ったもので、上記の3つについて分析するのが「3C分析」です。

今回は冒頭のラーメン店を例に紹介したいと思いますので、それぞれ、

 

・市場→客層

・競合→ライバル店

・自社→自店

 

と置き換えることにします。

 

3C分析の考え方

 

3C分析で考えることの1つ目は「客層(市場)」です。

まず、店でラーメンを食べる人はどんな人たちか考えてみましょう。

食べ盛りの学生、サラリーマン、家族連れなど、色々思いつきますね。それをまずは思いつく限り挙げてみましょう。

 

続いて2つ目、「ライバル店(競合)」について考えていきます。

ライバル店について、場所はどこか、客層はどうか、どんなメニューやサービスを売り出しているか、などを調べます。

実際に足を運んだり、インターネット上の口コミを参考にするのも良いでしょう。

今回は例として、調べた結果「駅前にあるお店で、替え玉無料サービスが売りの、サラリーマンに人気の店」であると判明したことにします。

 

最後に3つ目、「自店(自社)」についてもライバル店と同じ項目を分析します。

今回は例として、自店は「オフィス街にあり、味はどれも自信があるが塩ラーメンが売れていて、サラリーマンだけでなく意外とOLも来店する店」とします。

 

すると、自店とライバル店の違いから、自店の強みや弱みがわかります。

今回の例でいえば、「OLも来店するオフィス街にある」というのが強みである一方、「替え玉無料ではないため、サラリーマンのお客さんを掴みにくい」というのが弱みになります。

 

ここから強みを伸ばすか、弱みを減らすかは戦略次第ですが、いずれにしても、強みと弱みを踏まえた上で、最初に挙げた客層の中から特定の層を狙ってアプローチをする、というのが3C分析の考え方です。

 

 3C分析をのぼりに活用する

 

今回行った3C分析は、のぼりの作成時にも役立ちます。

 

というのも、3C分析を行った後であれば、自店の強みを生かした「女性人気No.1!さっぱり塩ラーメン」と書かれたのぼりを立てる、といった、より戦略的で効果的なのぼりを作成できるようになるからです。

 

「女性人気」というのぼりが出ていれば、これまで職場の近所にあるけど入れず気になっていた、という女性もよりお店に入りやすくなるのではないでしょうか。

 

お客さんが入らない、のぼりの効果がイマイチ、という経営者の方は、ぜひ一度、「3C分析」を経営やのぼりに取り入れてみてください。

【オリジナルのぼり旗制作ならこちら!】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です