オリジナル刺繍のキャップでイベントに参加しよう

マラソンイベントや運動会など大勢で一致団結したい時には、チームのオリジナルグッズを作成しましょう。他のチームと差をつけたい場合は、オリジナル刺繡キャップが便利です。団体で参加するイベントで、自然とチームの団結力が高まるようなキャップのデザインをご紹介します。

みんなのメッセージを表現!団結力が高まるオリジナル刺繡キャップ

団体競技に参加するチームが、同じデザインのユニフォームやキャップを身に着ける。一致団結を表現するのには最 適な方法です。しかし、少し“ありきたり”な印象を持たれる方もいるのでは? ここで少し工夫を施すだけで、他のチームにはないオリジナリティを出せるようになります。

1文字刺繍で連帯感と個性をアピール!

たとえば、キャップの地の色をチームでおそろいにして、ひとりひとりのキャップに異なる1文字を刺繡してみてはいかがでしょうか? チーム全員が集まると、ひとつのメッセージが浮かび上がるというデザインです。ひとりひとりの個性を表現しつつ、チーム全体としての統一感が生まれます。また、全員がまったく同じデザインを身に着けている他チームとの差別化を図れるのも、このデザインの特長です。

チームの人数によって、どのようなメッセージにするかを考える楽しみも生まれます。メッセージの文字数は、チームの人数。自分たちにぴったりの合言葉を相談して、チームの団結力を高めましょう。

チーム内であえて色分け! 視覚に訴えるオリジナル刺繡キャップ

チーム内でキャップの色分けをして、大きな絵を作るという方法もあります。

たとえば「みかんチーム」のオリジナル刺繡キャップを作るなら、全員のキャップに同じロゴマークを刺繡するとともに、“オレンジ色のキャップが何名・緑色のキャップが何名”といった形で色分けをします。全員が集まると、まるで大きな「みかん」が浮かび上がる仕掛けです。

このように、刺繡によってチームの統一感をキープしつつ、表現したいテーマに合わせてチーム内でキャップを色分けしてみましょう。全員でひとつの絵を作り上げるような、視覚に訴えるオリジナル刺繡キャップをぜひ作ってみてください。

 

【刺繍キャップを作りたくなったらこちらへ!】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です