高級材質のフライヤーで購買力UPに繋げよう

普段、何気なく手に取っているフライヤー。もしもフライヤーを高級材質で作成したら、受け取り手にはどのようなリアクションの変化があるのでしょうか? 客層を広げるため、より多くの人の手に渡り、印象に残るフライヤー作成のポイントをご紹介します。

受け取り手のリアクションの変化

高級用紙でフライヤーを作ることによって起こるリアクションの変化が、2つあります。まず1つ目は、置いてあるフライヤーに第一印象で興味を持ち、持ち帰る可能性が高くなることです。それから2つ目は、持ち帰ったフライヤーを再度見返し、行動を起こしやすくすることです。

高級用紙でフライヤーを作成した場合、他のフライヤーとの差別化を図りやすくなるため、第一印象で手に取ってもらえる確率が高まります。いくら人目を引くようなデザインのフライヤーであっても、用紙の材質によっては、容易に興味を失われてしまうこともあるでしょう。それに対して、高級材質のフライヤーは手触りから高級感が伝わり、受け取り手を立ち止まらせる力があります。

そして、持ち帰ったフライヤーにふたたび目を通す際にも、インパクトに残りやすくなるのです。インパクトがあれば、記憶にも残りやすくなりますし、受け取った人が行動を起こす可能性も高くなります。

高級用紙のフライヤーがもたらすブランディング作用

高級材質で作成されたフライヤーが集客や売り上げにもたらす作用についてご紹介します。まず、一度のフライヤー配布による反響は0.01~0.03%ほどと、かなり少ないというのが一般的な考え方です。このような反応の低さから、高級材質の使用を迷うことがあるかもしれません。

ところが、フライヤーの配布による効果は、こういった反響だけでは測りきれません。なぜなら、フライヤーには集客や売り上げに直接つながるアクションを獲得するだけでなく、「ブランディング」といった役割もあるからです。

高級用紙のフライヤーによって、受け取り手が行動を起こす確率はある程度高まるかもしれません。しかしそれ以上に重視したいのは、フライヤーによるブランドイメージの定着です。高品質なフライヤーの配布を繰り返すことで、受け取り手との接触回数を重ねるとともに、商品のイメージアップを図ります。こういった長期的な戦略が可能となるのは、高級用紙のフライヤーならではのメリットでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です