目立つのぼりは役に立つ。交通安全運動にも使われるのぼり

 春に立ち並ぶのぼりの色は?

春に店先で見かけるのぼりといえば、お花見、春まつり、新生活応援フェア…。

どれも桜や桜の色であるピンクがよく使われるため、春ののぼりといえばピンク色、というイメージがあるかもしれません。

 

しかし、店から少し離れてドライブに出かけると、道路沿いに立ち並ぶのぼりの多くは黄色の「交通安全」ののぼりです。

 

春になり遠出の外出も増える中、気をつけなければならないのが交通事故。

特に5月以降、行楽などで車で遠出をする人が増えると、その分交通事故が起こる危険性も高くなります。

一人一人が日頃からしっかり注意し、事故を防ぐために、毎年4月には各地で「春の交通安全運動」も実施されています。

 

春は全国各地で交通安全運動が行われる

平成29年は4月6日から4月15日までが「春の全国交通安全運動週間」。子供から大人まで、多くの人々が交通安全運動を行っています。

 

中には、芸能人やアナウンサーを招いてイベントを行う例や、キャラクターが呼びかけを行う例も。

東日本高速道路株式会社(ネクスコ東日本)では、毎年、キャンペーンキャラクターのマナーティが、パーキングエリアで高速道路での交通安全を呼びかけています。

 

注意を促す「黄色いのぼり」

こうした交通安全運動に多く使われるのが、黄色いのぼりです。

 

黄色は人の目をひきつける度合いを表す「誘目性」の高い色であり、信号機の黄をはじめ、注意を促す色でもあります。

小学校の新一年生がつけるランドセルカバーや帽子などにも、周囲が注目し安全に配慮できるよう、これまでに黄色が多く用いられてきました。

 

また、のぼりは安価で多く作成でき、風によくなびくため、車の運転席からでもよく見える集客グッズです。

一定の間隔で複数本並べておけば、例え最初の一本が見えなかったとしても、ドライバーがのぼりに全く気づかない、ということはまずないでしょう。

 

目立つ「黄色」と「のぼり」の組み合わせである「黄色いのぼり」は、まさに交通安全の呼びかけにぴったりのベストコンビなのです。

 

【のぼり旗の注文ならこちら】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です