ポリエステル素材の特徴をご紹介!

私たちの暮らしに欠かせない、合成繊維。ナイロンやアクリルなど多種多様な製品がありますが、中でももっとも代表的な合成繊維と呼ばれているのが、ポリエステルです。
国内での合成繊維の生産量は、その約50%がポリエステルと言われています。なぜ、ポリエステルはそれほどメジャーな繊維なのでしょうか?

ポリエステルには、布素材としての大きなポテンシャルがあります。ポリエステルは何よりも、非常に軽くて、しかも丈夫という優れた特徴を持っています。しかも伸び縮みしにくく、寸法安定性が高いので、加工がしやすい。こういった特徴は、素材として大きなメリットとなります。
ポリエステルは衣類などの素材に幅広く利用されています。ポリエステルで服を作ると、ふわっと軽く、袖を通すと肌触りの良さに気付きます。丈夫でシワになりにくいので、天然繊維に比べ、メンテナンスもラクラク。吸湿性が低く、洗濯してすぐ乾くことも、使い勝手が良いポイントです。

そして何よりも、ポリエステルは非常にリーズナブルなので、大量生産の素材にはうってつけ。安くて高品質な商品を、大量に作ることができます。
そんなメリットの多いポリエステルは、バッグの素材としても幅広く使用されています。加工がしやすいことから、トートバッグや巾着袋、エコバッグなど、バリエーション豊富なバッグが作られています。

普段使いのバッグは、軽くて丈夫なことが必須条件ですが、その点、ポリエステルのバッグは100点満点。折り畳んで、コンパクトに持ち運べます。ラフに扱って汚れても、洗濯すればまた使えます。
また、ポリエステルには表面に独特な光沢があり、美しいカラーリングが楽しめるなど、ファッショナブルな一面もあります。

石油から作られる合成繊維は「地球環境に優しくない」というイメージを持つ人がいます。しかし実際には、非常に長持ちで、ドライクリーニングの必要もないことから、かえって地球環境に優しい素材と言えるでしょう。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です