ステッカーで装飾する前に気をつけておくこと

デザインがおしゃれなステッカーは装飾にぴったり! ステーショナリーやスマホケースなどに貼れば、自分の個性をアピールできますね。しかし、一般的なステッカーは一度しか貼り付けできない仕様となっているので、使用は慎重になりますよね。そこで今回は、ステッカー装飾の前に知っておきたいこと、気をつけておきたいことをいくつかご紹介します。

もしも誤って貼ってしまった時は?

「貼る場所を間違えた!」「デザインに飽きてしまった」。そんな時は、シールを剥がしてしまえばいいのですが、中には接着材のせいでベタベタになってしまうものも。そんな時の対処法について見ていきましょう。

ドライヤーを使った剥がし方

まずはシールの端をちょっとだけめくり、そこへドライヤーの温風を当てます。接着材がゆるくなっていくので、そのタイミングでゆっくりと剥がしましょう。

中性洗剤を使った剥がし方

紙シールの場合は、中性洗剤がおすすめです。中性洗剤をシール部分に含ませてラップでカバー。10〜20分くらい経ったら、ゆっくりと剥がしてみてください。接着力が弱いものなら、キレイに剥がれてくれます。

シール剥がしを使う

ドライヤーや中性洗剤を使ってもキレイに剥がれてくれないステッカーは、専用の「シール剥がし溶剤」を利用しましょう。最近は100円ショップでも購入できるのでお手軽です。

装飾用だったらこんなステッカーがおすすめ!

次に、装飾前提で使う際におすすめのステッカーを2つご紹介します。

フィルム素材なら耐久性アップ!

紙でできたステッカーは水や湿気に弱く、色褪せも早い傾向にあります。外などに持ち出すような物に貼るのであれば、耐久性が高く水にも強いフィルム素材がおすすめです。

再剥離接着なら貼り直しもOK

ステッカーの接着材には一般接着、強力接着などの他に、再剥離接着というものがあります。接着力が弱いので、後から貼り直しも可能。飽き性の方は、こうした接着材が使われたステッカーを使うと良いでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です